インタラクションデザインの学び方

ンタラクションのデザインと評価専門研究委員会・ユビキタスインタフェース
&アプリケーション専門研究委員会合同研究談話会
「インタラクションの教え方を考える」
主催:
インタラクションのデザインと評価専門研究委員会(SIGDE)
ユビキタスインタフェース&アプリケーション専門研究委員会(SIGUBI)
後援:東京学芸大学 教育実践研究支援センター
日時:2010年4月22日(木)13~15時(12時開場)
会場:東京学芸大総合メディア教育館
開催の趣旨:
計算機の能力の向上やネットワークインフラの普及に伴い、様々なシステムや
サービスが雨後の筍のごとく提案され、インタフェース/インタラクション研究
は活況を呈しています。情報学分野や工学分野をはじめ、認知科学や心理学、デ
ザイン学など様々な学問分野の研究者がこれにコミットし、分野の裾野も大きく
広がってきています。この状況は学問の発展という観点からは歓迎すべきもので
すが、一方で初学者がどのように取り組めばインタラクション研究の全貌を俯瞰
できるようになるかわかりづらくなっているように思われます。それを教える側
の教員としても、自分のバックグラウンドに拠って教えるのみでは、学際領域で
あるインタラクション研究の真髄を伝えることが難しく、ともすれば場当たり的
なアイデア勝負か車輪の再発明的研究を行ってしまいがちになり、その結果「研
究分野は活況なれど学問としての体系化は遅々として進まず」という状況を招く
懸念があるように思われます。
このような状況を鑑みると、学生などの初学者に、限られた時間で効率的に「イ
ンタラクション研究とは何ぞや」という本質を教えるための方法論や体系の整備
が重要な意義を持つといえるでしょう。本談話会では、参加者間でこのような問
題意識を共有するとともに、この難題に様々な角度から取り組んでこられた諸先
生方の知見をご披露いただくことで、解決の糸口を共に探ることを目的とします。
(コーディネータ:関西大学 松下光範)
概要:
第1部(13~15時)
インタフェース、インタラクション教育の取り組みについてのケーススタディ事
例講演
「文部科学省委託事業での東京農工大UU専修における取り組み紹介」
講師 東京農工大 特任教授 藤田孝弥先生
質疑応答
休憩
第2部(15~17時)
インタラクション教育をどう教えるのか、どう学ぶのかのパネル討論
パネル(予定):松下光範(関西大)、加藤直樹(学芸大)、山崎真湖人(アド
ビ)、渡邊慶太(JST)、杉原敏昭(リコー)
(コーディネータ:松下光範)
質疑応答
参加費:資料代他1500円

4月22日に、インタラクションデザインを学んできた立場から、「自分がどういう勉強してきたか」や「もっとこういうことを教えてくれ」というような立場でパネル討論に参加します。

私はほとんどSFCで勉強・研究を進めてきましたので、SFCの教育についても混ぜながら話をしたいと思います。また読んできた本なども紹介したいと思っています。

インタラクションのデザインと評価専門研究委員会・ユビキタスインタフェース&アプリケーション専門研究委員会合同研究談話会

「インタラクションの教え方を考える」

主催:

  • インタラクションのデザインと評価専門研究委員会(SIGDE)
  • ユビキタスインタフェース&アプリケーション専門研究委員会(SIGUBI)
  • 後援:東京学芸大学 教育実践研究支援センター
  • 日時:2010年4月22日(木)13~(12時開場)
  • 会場:東京学芸大総合メディア教育館 (東京国分寺)

開催の趣旨:

計算機の能力の向上やネットワークインフラの普及に伴い、様々なシステムやサービスが雨後の筍のごとく提案され、インタフェース/インタラクション研究は活況を呈しています。情報学分野や工学分野をはじめ、認知科学や心理学、デザイン学など様々な学問分野の研究者がこれにコミットし、分野の裾野も大きく広がってきています。この状況は学問の発展という観点からは歓迎すべきものですが、一方で初学者がどのように取り組めばインタラクション研究の全貌を俯瞰できるようになるかわかりづらくなっているように思われます。それを教える側の教員としても、自分のバックグラウンドに拠って教えるのみでは、学際領域であるインタラクション研究の真髄を伝えることが難しく、ともすれば場当たり的なアイデア勝負か車輪の再発明的研究を行ってしまいがちになり、その結果「研究分野は活況なれど学問としての体系化は遅々として進まず」という状況を招く懸念があるように思われます。このような状況を鑑みると、学生などの初学者に、限られた時間で効率的に「インタラクション研究とは何ぞや」という本質を教えるための方法論や体系の整備が重要な意義を持つといえるでしょう。本談話会では、参加者間でこのような問題意識を共有するとともに、この難題に様々な角度から取り組んでこられた諸先生方の知見をご披露いただくことで、解決の糸口を共に探ることを目的とします。

(コーディネータ:関西大学 松下光範)

概要:

第1部(13~15時)

インタフェース、インタラクション教育の取り組みについてのケーススタディ事例講演

「文部科学省委託事業での東京農工大UU専修における取り組み紹介」

講師 東京農工大 特任教授 藤田孝弥先生

質疑応答

休憩

第2部(15~17時)

インタラクション教育をどう教えるのか、どう学ぶのかのパネル討論

パネル(予定):松下光範(関西大)、加藤直樹(学芸大)、山崎真湖人(アドビ)、渡邊恵太(JST)、杉原敏昭(リコー)(コーディネータ:松下光範)

質疑応答

参加費:資料代他1500円

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

One Trackback

  1. [...] This post was mentioned on Twitter by Keita Watanabe, Keita Watanabe. Keita Watanabe said: 4月22日(木)に「ンタラクション教育をどう教えるのか、どう学ぶのかのパネル討論」で発表します。http://www.persistent.org/me/?p=118 [...]

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 渡邊恵太

    インタラクション の研究者。

    明治大学 に開設される 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科の准教授。近著に「融けるデザイン -ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

    知覚や身体性に基づくインタラクションや、生活時間に溶け込む次世代メディアインタラクションの研究。

    2004年くらいからたまに書いてるブログ。

    現在のプロジェクトはWebトップページを。