インタラクションデザイン研究会を開催します。

ようやく準備が整いました!

インタラクションデザインを日本の中核産業にする

私たちはインタラクションデザインの観点から我が国のものづくりに貢献し、産業の活性化を目指します。

今日、ほとんど製品はソフトウェアなしに考えられません。また、ユーザインタフェースが優れていて、利用体験が魅力的でなければなりません。「見た目を美しくすること」だけがデザインではありません。タッチパネルにすることが優れたインタフェースではありません。多機能になり「できることが増えること」と「人がやることが増えること」は一致しません。つまり、「できる」からと言って、人が「やる」とは限りません。

重要なことは、いかにして「人がやるか」です。そして、それはニーズや欲求の「調査」から生まれるものではありません。人々が生活の中で「やっている」ことから「発見」されるものなのです。製品を作る上でエスノグラフィが注目されるのもこのためです。

これまで日本の工学、ものづくり企業は新しい「できる」をたくさん作り出し世界をリードしてきました。現在でもまだ日本ほどの品質でものづくりをできる国はほとんどありません。しかし、「できる」が得意な日本企業は製品に「できる」をつめこみすぎてコンセプトを失い、「何をするものなのか」わかりにくい製品となり、魅力を失いつつあります。

皮肉にも、日本の「できる」は世界の有名製品の中で洗練された「する」を実現し、注目を浴びています。ただし、日本の「できる」の市場は、そのメーカーの市場以上に拡大することはできません。これではリーダーシップをとれないのです。

日本、そしてこれからの世界に必要なのはインタラクションデザインです。人々のアクション、アクティビティを的確に捉え、意味づけし、システムと有機的に結びつける製品開発。人々の「する」を観測し、科学する。「生活を開発する」視点でのものづくり。「できる」があふれた日本が、見落としてきた「する」のエンジニアリング。研究者、企業、エンジニア、デザイナーが集い、この課題に取り組むのがインタラクションデザイン研究会の使命です。

第1回インタラクションデザイン研究会

http://sigixd.org/
インタラクションデザイン研究会は日本国内でのインタラクションに関する取り組みを企業、大学、個人を問わず概観し、 我々の向かうべき先を考えるための会です。本研究会はどこの企業、学会にも所属しない有志団体です。本研究会は定期的(概ね2ヶ月に一度のペース)に開催を予定していいます。各研究会ではそのときのテーマを決め、その分野における第一人者をお招きして、今後の日本のインタラクションに関する取り組みをどのように行っていくべきかを議論します。
第一回の研究会では今の日本のインタラクションデザイン業界をリードする人物として学術領域から慶応大学SFCの増井先生、慶応大学KMDの稲見先生を、産業領域からはtakramの田川氏、チームラボの猪子氏という豪華メンバーをお招きして現在のインタラクション業界を外観すると同時に、私たちが向かう方向性について議論をしたいと思います。
ゲスト
増井俊之(慶應義塾大学 環境情報学部 教授)
稲見昌彦(慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究会 教授)
田川欣哉(takram design engineering)
猪子寿之(チームラボ株式会社)
・第一回インタラクションデザイン研究会【事前参加登録が必要です】
・日時:2010年6月19日(土)14:30〜18:00(開場14:00)
・会場:東京大学 情報学環・福武ホール 福武ラーニングシアター (Map)
・参加費:1,000円(税込)
・定員:150名(先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます)
・懇親会:18:00〜20:00 研究会終了後に懇親会を予定しています。参加をご希望される方はフォームにて参加希望にチェックをお願いします。参加費は3,500円です。先着順で定員になり次第締め切らせて頂きます。
主催:インタラクションデザイン研究会
Web:  http://sigixd.org/
問い合わせ:contact@sigixd.org

インタラクションデザイン研究会は日本国内でのインタラクションに関する取り組みを企業、大学、個人を問わず概観し、 我々の向かうべき先を考えるための会です。本研究会はどこの企業、学会にも所属しない有志団体です。本研究会は定期的(概ね2ヶ月に一度のペース)に開催を予定していいます。各研究会ではそのときのテーマを決め、その分野における第一人者をお招きして、今後の日本のインタラクションに関する取り組みをどのように行っていくべきかを議論します。

第一回の研究会では今の日本のインタラクションデザイン業界をリードする人物として学術領域から慶応大学SFCの増井先生、慶応大学KMDの稲見先生を、産業領域からはtakramの田川氏、チームラボの猪子氏という豪華メンバーをお招きして現在のインタラクション業界を外観すると同時に、私たちが向かう方向性について議論をしたいと思います。

ゲスト

  • 増井俊之(慶應義塾大学 環境情報学部 教授)
  • 稲見昌彦(慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究会 教授)
  • 田川欣哉(takram design engineering)
  • 猪子寿之(チームラボ株式会社)

  • 第一回インタラクションデザイン研究会【事前参加登録が必要です】
  • 日時:2010年6月19日(土)14:30〜18:00(開場14:00)
  • 会場:東京大学 情報学環・福武ホール 福武ラーニングシアター (Map)
  • 参加費:1,000円(税込)
  • 定員:150名(先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます)

懇親会:18:00〜20:00 研究会終了後に懇親会を予定しています。参加をご希望される方はフォームにて参加希望にチェックをお願いします。参加費は3,500円です。先着順で定員になり次第締め切らせて頂きます。

主催:インタラクションデザイン研究会

Web: http://sigixd.org/

問い合わせ:contact@sigixd.org

This entry was posted in お知らせ, テクノロジーと人間. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

One Trackback

  1. [...] This post was mentioned on Twitter by Hisao Oshita, はてなブックマーク, My Rss Feed, Windows14, ヒサヤ大黒堂 and others. ヒサヤ大黒堂 said: インタラクションデザイン研究会を開催します。 http://bit.ly/a07BsU [...]

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 渡邊恵太

    インタラクション の研究者。

    明治大学 に開設される 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科の准教授。近著に「融けるデザイン -ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

    知覚や身体性に基づくインタラクションや、生活時間に溶け込む次世代メディアインタラクションの研究。

    2004年くらいからたまに書いてるブログ。

    現在のプロジェクトはWebトップページを。