アイデアは誰でも持っている

アイデアのつくりかたスライド

春ごろから、少しこれまでを振り返り、自分がどういうスタイルで研究をしてきたかを「アイデアのつくりかた」というスライドにまとめて、5月の研究室の合宿と、7月の椎尾研、暦本研、増井研、安村研合同合宿で、発表しました。なんと、思い返して書き綴ると、153枚くらいのスライドになった。今でもどんどん増えている。そして、これが意外と評判がよくて、増井さんにもほめられました。

2009-10-09_0105

2009-10-09_0105

2009-10-09_0105

2009-10-09_0106

2009-10-09_0106

と、こんな感じではじまります。導入は、アイデアは誰でも持っているとしてはじまります。では、いったいどうすればアイデアが実現するのか、約10年の経験を踏まえて語っています。

アイデアというと「アイデア自体」が重要とされることが多いと思いますが、私の経験からは、半分くらいは「アイデアを出すときのコミュニケーション」に問題がある。と感じました。

つまり、

「すっごいいいアイデアおもいついた!」

しゃべる

だいたい否定される。

友達「そういうのある」とか

私たち、とくに日本人は、アイデアを出すことに慣れていません。

そうすると、

「がんばって人に伝えたのに!」

「恥ずかしい!なんて自分はくだらないこと言ったんだ!」

言う→否定される→やらない

こういうループに陥るわけです。これは実は、アイデアを出すことに慣れていないことと同時に、他人のアイデアを聞くというリテラシーも低いということが問題なのです。友人がアイデアを語ろうとしているなと気づいたときは、それを盛り上げるくらいのつもりで話を聞くことが重要なのです。

ですから、私の感覚では

  • アイデアは誰でも持っている。
  • それをアイデアであると認めてくれる人がいるか。
  • アイデアが出せる環境であるか。

この3つが重要だと思っています。3つめは、アイデアを思いついても、たとえばメモ帳を持っていないと、書き出せない、という話です。しかもすぐに書き出せるようにしておかないと忘れてしまうこともある。メモ帳はほんの一例にすぎませんが、こういったすぐにアイデア化できるようにしておくことが重要です。つまり、「アイデアになる」ためには、「思いついた」「思っている」だけではだめということです。

ほかにも、部屋のレイアウトの工夫などもアイデアにとって重要です。その具体的な話もスライドで発表しました。アイデアのために「ペン」すらこだわります。がんばって、努力しても出ないのがアイデアです。ではどうするか?そのための考え方を詰め込んだ感じです。

2009-10-09_0138

長らくインタフェース、インタラクション、生態心理学のアフォーダンス、社会科学系のことを学んで考え続けてきましたが、アイデアの出し方、人間の能力の考え方、学び方、自分自身の生き方にも影響しています。

新しい価値やモノ、サービスを作り出そうとする人には参考になるかもしれません。内容もだいぶボリュームがあるので、本にまとめて出版したらいいのかな?とも思ってます。あるいは講演でもいいかもしれせんね。もしそういう仕事があれば是非よんでください笑

This entry was posted in 方法論. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

4 Trackbacks

  1. By links for 2009-10-12 « 個人的な雑記 on 2009 年 10 月 13 日 at 7:03 AM

    [...] アイデアは誰でも持っている (tags: idea) [...]

  2. By IDEOを超えよう(1) on 2009 年 10 月 14 日 at 4:43 AM

    [...] 観察と記述 動いている世界をそのままに。 Skip to content このブログは本棚 « アイデアは誰でも持っている [...]

  3. [...] そして、私も最初に10分強くらいのプレゼンをします。内容は、このブログでも紹介しているような「アイデアは誰でも持っている」「IDEOを超えよう」ような、インタラクションデザインの方法論の話を考えています。 [...]

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 渡邊恵太

    インタラクション の研究者。

    明治大学 に開設される 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科の准教授。近著に「融けるデザイン -ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

    知覚や身体性に基づくインタラクションや、生活時間に溶け込む次世代メディアインタラクションの研究。

    2004年くらいからたまに書いてるブログ。

    現在のプロジェクトはWebトップページを。