「未来のふつう」に向けて。

Gugen 2013にいくつか応募しました。SyncPresenter, LengthPrinterのビデオは初公開です。さらに、Arctanbler、smoon も応募しました。Arctanblerは完全に新作で、明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科の1年生がプログラミング、レーザーカッター使って、アクリル曲げなどして実装しました。

いいねボタンみたいな、「ほしいね」応援ボタンがあるので、ぜひクリックで応援していただけるとモチベーション上がります。研究を進めていく上でこういったささやかでもフィードバックがモチベーションになるので、ぜひご協力お願いします

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 渡邊恵太

    インタラクション の研究者。

    明治大学 に開設される 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科の准教授。近著に「融けるデザイン -ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

    知覚や身体性に基づくインタラクションや、生活時間に溶け込む次世代メディアインタラクションの研究。

    2004年くらいからたまに書いてるブログ。

    現在のプロジェクトはWebトップページを。