本を書きました「融けるデザイン ―ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論」

写真 2015-01-16 13 15 33

  • はじめに――融けてゆく世界
  • 第1章 Macintoshは心理学者が設計している
    • 1-1 文系と理系
    • 1-2 人間にとってコンピュータとは何か
    • 1-3 見立てのプロフェッショナルは誰か
    • 1-4 メタメディア性の発揮とメタファの限界
    • 1-5 メタファのないデザイン
    • 1-6 体験を軸にした設計へ
    • 1-7 体験をデザインする視点
  • 第2章 インターフェイスとは何か
    • 2-1 透明性へのアプローチ1:道具の透明性
    • 2-2 透明性へのアプローチ2:環境の透明性
    • 2-3 インターフェイスデザインの役割――「可能」のデザイン
  • 第3章 情報の身体化――透明性から自己帰属感へ
    • 3-1 道具の透明性
    • 3-2 VisualHaptics
    • 3-3 投げたボールはどこまで身体か?
    • 3-4 マルチダミーカーソル実験
    • 3-5 認知的非対称性――わたしがあなたではない理由
    • 3-6 カーソルは身体の延長――動きの連動が身体を延長する
    • 3-7 自己帰属感――新しい道具設計のキーワード
    • 3-8 iPhoneのGUIはなぜ気持ち良いのか
    • 3-9 自己帰属感と感触――モッサリ、サクサク
    • 3-10 自己帰属・透明性・道具性・サクサク感・他人
    • 3-11 新しいUXの基礎
  • 第4章 情報の道具化――インターネット前提の道具のあり方
    • 4-1 実世界へ直接働きかけるインターフェイスへ
    • 4-2 インターネットのインターフェイス/インタラクション
    • 4-3 情報の道具化の事例
    • 4-4 ネット前提の設計
    • 4-5 暗黙性とインターフェイス
  • 第5章 情報の環境化――インタラクションデザインの基礎
    • 5-1 コンピュータ利用の文脈の変化
    • 5-2 行為・活動に融け込ませるデザイン
    • 5-3 パソコンの前から、動きの中で情報と接する世界
    • 5-4 シングルインタラクションからパラレルインタラクションへ
    • 5-5 制約が生み出す非拘束性
  • 第6章 デザインの現象学
    • 6-1 現象レイヤのデザイン論
    • 6-2 視覚世界は肌理でできている
    • 6-3 リアリティから体験へ――主観と客観
    • 6-4 ものとサービスの現象
    • 6-5 デザインの現象学をする――世界はひとつのOSである
  • 第7章 メディア設計からインターフェイスへ
    • 7-1 情報と物質を分けないデザイン
    • 7-2 メタメディアのデザイナーたち
  • あとがき

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 渡邊恵太

    インタラクション の研究者。

    明治大学 に開設される 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科の准教授。近著に「融けるデザイン -ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

    知覚や身体性に基づくインタラクションや、生活時間に溶け込む次世代メディアインタラクションの研究。

    2004年くらいからたまに書いてるブログ。

    現在のプロジェクトはWebトップページを。