このブログは

渡邊恵太のブログです。

ソフトウェアを中心に発想する、新しいもの作り感覚を伝えます。

近年、日本は、「もの作りの国」へとこのまま進むか、「こと作りへの国」へと転換するかの瀬戸際に立たされています。

しかし、日本がそのどちらに進むにせよ、「インタフェースデザイン」や「インタラクションデザイン」の発想が欠かせません。なぜなら、「人間の生活にとってどういう効果をもたらすか」が最重要だからです。

そのためには、時代にあった体験のためにテクノロジーを落とし込む必要があります。つまり、モノの機構の技術が優れていることだけではなく、単にサービスが提供されていればいいわけでもありません。

時代にあった体験のためには、ミクロな視点で人間の生活を観察しなければなりません。その意味で今日、人間社会を読み解く手法として、マーケッティングだけではなくエスノグラフィーが注目されているのです。

このブログの「観察と記述」というタイトルは、2004年から続いていますが、エスノグラフィーはまさに人間の生活の観察と記述の連続です。観察し記述することは、生活の解像度を上げ、新しい人間観の構築に役立ちます。その人間観に、スピード感をもってソフトウェアとハードウェアを導入することが、いま問われているもの作りです。

2009.10.13

  • 渡邊恵太

    インタラクション の研究者。

    明治大学 に開設される 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科の准教授。近著に「融けるデザイン -ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

    知覚や身体性に基づくインタラクションや、生活時間に溶け込む次世代メディアインタラクションの研究。

    「観察と記述」は2004年くらいからたまに書いてるブログ。

    現在のプロジェクトはWebトップページを。